健康長寿の住まいを
ご提案・ご提供します。
  • お気軽にお問い合わせください。
  • お気軽にお問い合わせください。
  • お電話でのお問い合わせ
  • お問い合わせ
メニュー
ページTOPへ戻る

真・呼吸の家

真・呼吸の家

自然の力を利用して、
小さなエネルギーで
心地よい暮らしを実現する。
ハウジングサービスが推奨する
「パッシブデザイン」

パッシブデザインとは

「パッシブデザイン」、「パッシブハウス」…。
聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、まだまだ馴染みのない言葉かもしれません。
「パッシブ」とは、直訳すると"受動的"。
建築デザインにおいては、建物の形や向き、窓の位置や庇などにより、
太陽光や熱、通風などの「自然エネルギー」をそのまま受動的(パッシブ)にコントロールして
快適な住環境を設計する建築デザインのことを言います。
私たちは、住まいの快適を機械のチカラに頼らず、建築で造ることを目指してます。

夏は涼しく 冬は暖かく

風を知る

立地、周辺の住環境を把握し全体計画を

家を建てる土地は、住宅密集地、山に接した土地、海や川近くなど環境は様々。自然の風を住まいに採り入れるために、周辺環境を考慮していきます。


温度差換気と風力換気

立地、周辺の住環境を把握し全体計画を

風や空気の特性として自然の風を家に流すには、入口、通り道、そして出口を用意します。暖かい空気は上に、冷たい空気は下に流れます。その温度差を利用することで快適な空気の流れをデザインします。


窓で風の流れを造る

風の流れ


風の流れ

窓の種類、配置、そして吊元の工夫だけで通風量が大きく変わります。
風の向きに合わせて窓を設けても周辺の建物の影響で思うように風が通らない場合があります。
そのような場合、縦すべりの出し窓の設置の仕方で通風量が何倍も変わったりします。


天窓で風を逃す

天窓で風を逃す

室内の暖まった空気は、通風のために外へ逃すことが必要となります。天窓は上階に留まってる暖かな空気を効率よく排出する働きがあります。側面の窓に比べ約3倍の明るさが採り込めるメリットもあり、北側の空間に設置するのがオススメです。

光・熱を知る

季節・時間帯による陽射しの違い

季節・時間帯による陽射しの違いを理解する

太陽の位置は、夏は高く、冬は低いですよね。
基本的な陽射しの特性を知ることで、太陽の光と熱を暮らしに上手に活かすことができます。


夏は、直射日光を遮り涼をとる

夏は、直射日光を遮り涼をとる

夏期や中間期、室内を涼しく保つために、侵入する日射量を遮る・軽減する工夫を施します。
冷房エネルギーを15〜45%程度軽減できます。
・軒や庇で夏の太陽光を遮ります。
・床面などの照り返し防止策や窓辺の庭木を利用する。
・日射遮蔽に効果のあるガラスを選択し、カーテン・ブラインドなどを設置する。


冬は、陽射しをできるだけ採り込み暖をとる

冬は、陽射しをできるだけ採り込み暖をとる

冬期は、窓から陽射しを採り込むことにより、蓄熱して夜間に利用しましょう。
次のような工夫により、暖房エネルギーを5〜40% 程度削減できます。
・断熱性の高い窓を採用することで、採り込んだ日射熱の損失を抑制する。
・床・壁・天井などに蓄熱効果のある熱容量の大きい天然木を使用する。
・窓辺の庭木は、落葉で陽射しを遮らない広葉樹を採用。

家づくり教室

家づくり教室(無料)に遊びに来てください

ハウジングサービスでは、無料の「家づくり教室」を定期的に開催してます。家づくりの知識を得ることは、快適な住まいを実現できる第一歩です。ぜひ、お気軽にご参加ください。

真・呼吸の家

お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。

住まいのことのお悩みは、
お気軽にご相談ください。

●新築・リフォームのことなら 電話番号 :
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 売土地・中古住宅・不動産情報はこちら
〒918-8055 福井県福井市若杉2丁目208番地
TEL : 0776-33-0011 / FAX:0776-34-2171
福井県知事許可(般-28)第7044号
copyright 2019 HOUSING SERVICE CO., LTD. all rights reserved.
powered by cheltenham software